[Unity]Unity1weekに参加してみた

Unity

はじめに

Unity1weekとはunityroomで定期的に開催されているゲームジャムです。1週間という短い時間でお題に沿ったゲームを開発するイベントです。

2020年12月のお題は「あける」です。

今回、初めて参加してみた感想等を書いていこうと思います。

フリーゲーム投稿サイト unityroom
フリーゲームを遊ぶならunityroomで決まり!ブラウザさえあれば6000本以上のゲームが全て無料で遊べます。おすすめゲームも毎日更新中!

ゲームの紹介

今回、私が作ったゲームは「どこかで見たことあるようなロック画面」です。

ロックされている画面にパスワードを入力してロックを解除する簡単なゲームです。

気がつけば一瞬でクリアできるゲームです。

https://unityroom.com/games/iphonelock

感想

Unity1week自体はかなり前から知っていましたが、一度も参加したことがありませんでした。

「Unityの勉強ちゃんとして、いずれ参加したいなー」という軽い気持ちでいました。

今回もパスかなーと思っていたのですが最終日の前日に急にクソゲーのアイディアが浮かんでしましい。

これなら数時間で作れる!」と思い参加してみました。

正直な話、「これはゲームなのか?」というクソゲーですが、「これも良い経験になるはず!」と思い挑戦してみました。

数週間後の結果は悲惨になること必死だと思いますが、やってみて良かったと思います。

もし作ったゲームを一度も評価されたことのないのであれば、絶対にやるべきです。

他人に評価してもらうことは、今後のゲーム開発ひいては自分の成長に必ずつながるはずです。

さいごに、次回はちゃんとしたゲームを作りたいと思います。

さいごに

面白いイベントなので、ぜひ皆さん参加してみてください!

おすすめ参考書

コメント

タイトルとURLをコピーしました