[Flutter]権利表記が簡単に実装できてしまう

Flutter

はじめに

アプリをリリースする際に、使ったプラグインがMIT LicenseやBSD License等だった場合、アプリ内に権利表記(Copyright)をしなければなりません。

ほかのクロスプラットフォームはわかりませんが、Flutterなら簡単に実装できてしまうのです。

今回はそのやり方を紹介します。

環境

  • Flutter 1.22.4
  • package_info 0.4.3+2

準備

プラグインの追加

pubspec.yamlに以下を追記

dependencies:
  package_info: ^0.4.3+2

追記後、プロジェクト配下で以下のコマンドを実行

$ flutter pub get

※よくわからない場合は、Android Studioでプロジェクトを開き、pubspec.yamlファイルの開いて右上に表示される「Pub get」を実行してください

package_info | Flutter Package
Flutter plugin for querying information about the application package, such as CFBundleVersion on iOS or versionCode on Android.

実装方法

実装方法が3つあります。ただ3つありますが、最終的にはどれも同じ画面が表示されます。

またPackageInfoを使うことでアプリ名、バージョン等を簡単に取得することが出来ます。

PackageInfoを使うことによりライセンスページのアプリ名やバージョンを書き換える必要がなくなるので、ライセンス表記をする場合は必須と言えます。

showLicensePage

まずはライセンスページに直接遷移するパターン。

※applicationIconには本来アプリアイコンを入れるべきですが今回は横着Iconを表示しています。

Future _showLicense(BuildContext context) async {
  final info = await PackageInfo.fromPlatform();
  showLicensePage(
    context: context,
    applicationName: info.appName,
    applicationVersion: info.version,
    applicationIcon: Icon(Icons.tag_faces),
    applicationLegalese: "ほげほげ",
  );
}

結果

showLicensePage function - material library - Dart API
API docs for the showLicensePage function from the material library, for the Dart programming language.

showAboutDialog

ダイアログが出て、「VIEW LICENSES」を押すとライセンスページに遷移するパターン

Future _showLicense(BuildContext context) async {
  final info = await PackageInfo.fromPlatform();
  showAboutDialog(
    context: context,
    applicationName: info.appName,
    applicationVersion: info.version,
    applicationIcon: Icon(Icons.tag_faces),
    applicationLegalese: "ほげほげ",
  );
}

結果

showAboutDialog function - material library - Dart API
API docs for the showAboutDialog function from the material library, for the Dart programming language.

AboutListTile

ListTileタップ→ダイアログ表示→ライセンスページへのパターン

final info = await PackageInfo.fromPlatform();

...(略)...

AboutListTile(
  icon: Icon(Icons.info),
  applicationName: _info.appName,
  applicationVersion: _info.version,
  applicationIcon: Icon(Icons.tag_faces),
  applicationLegalese: "ほげほげ",
),

AboutListTile constructor - AboutListTile class - material library - Dart API
API docs for the AboutListTile constructor from the Class AboutListTile class from the material library, for the Dart programming language.

さいごに

UnityやSwift、Kotlinでの簡単な実装をしらないのですが、こんなに簡単に実装できてしまうなんてFlutter様様ですね。

おすすめ参考書

コメント

タイトルとURLをコピーしました