PR

[Flutter]SNS共有の実装の仕方

Flutter

はじめに

FlutterでiOS、Androidのアプリを開発した際に、ユーザーにアプリを広めてもらうためにSNS(Twitter、Facebook、Instagram等のソーシャルネットワークサービス)へのシェア機能は必須と言えます。

Flutterの場合、プラグインをいれることで簡単に実装することができます。

環境

  • Flutter 1.22.3
  • share 0.6.5+4

実装方法

プラグインの最新バージョンを確認

まずは下記のサイトにアクセスします。

share | Flutter Package
Flutter plugin for sharing content via the platform share UI, using the ACTION_SEND intent on Android and UIActivityView...

記事作成の時点では0.6.5+4が最新でした。

プラグインをプロジェクトに反映させる

pubspec.yamldependenciesに「share: ^0.6.5+4」を追記します。

dependencies:
  share: ^0.6.5+4

プロジェクト配下で「flutter pub get」コマンドを実行します。コマンドプロンプトから実行する場合は環境変数のPathにFlutterインストールフォルダのbinフォルダを追加する必要があります。

よくわからない場合はAndroid Studioでpubspec.yamlファイルを開くと右上に「Pub get」ボタンがあるのでそれを押します。

・実行結果

C:\Users\XXXX\DevelopmentTools\flutter\bin\flutter.bat --no-color pub get
Running "flutter pub get" in flutter_app...                         1.8s
Process finished with exit code 0

これでプロジェクトの準備完了です。

サンプルコード

下記のようなコードを書くだけで簡単にテキストをシェアすることができます。

import 'package:share/share.dart';

Future _share() async {
  await Share.share("ここに共有したい文字列");
}

・実行結果

さいごに

こんなに簡単に実装できてしまうので是非実装してみてください。

おすすめ参考書

コメント

タイトルとURLをコピーしました