[レビュー]ロジクールのMX KEYS MINIを買ってみたら最高だった件。

レビュー

はじめに

私はMac BookにはApple Magic Keyboard、WindowsにはKeychron K1というキーボードをつかっていて、1個のキーボードで運用したいなぁと常々思っていました。

KeychronのK1でもできるのですが、私の環境ではWindowsのPCとの無線接続がイマイチで1個のキーボード運用が無理でした。

そこで今回は発売されたMX KEYS MINIを購入してみました。

今回購入したキーボード

なぜMX KEY MINIを購入したのか?

私がキーボードを選ぶ際の条件は以下のとおりです。

  • 無線接続
  • 日本語配列
  • テンキーレス
  • USB Type-C
  • 充電式
  • マルチペアリング
  • メカニカル

今回のMX KEYS MINIはメカニカルではありませんが、Apple Magic Keyboardで慣れているシザー式(パンタグラフ式)だったのでよしとしました。メカニカル以外はすべて自分が求めている条件に一致しています。

MX KEYS MINIの特徴

MX KEYSの全体像はこんな感じです。WindowsとMacの両対応しているので一部のキーはWindows用とMac用の表記があります。

前モデルのテンキーレスモデル

前モデルMX KEYS/KX800テンキーレスモデル。従来の70%のサイズになっています。

パーフェクト・ストローク・キー

完璧なキーストロークが実現できると謳われているパーフェクト・ストローク・キー

キーが指先の形状にあった球状にくぼんでおり指先になじみ、キーストロークが滑らかかつ精確に打てます。

バックライトが自動で調整される

近接センサー搭載により、変化する証明条件に合わせてバックライトキーが自動で明るさを調整してくれます。

マルチペアリング

最大3台までデバイスを登録でき、スイッチ1つで簡単に切り替えることができます。

USB Type-Cによる充電式キーボード

USB Type-Cでの充電式になっており、高速充電に対応しています。

また、フル充電後は最長で10日、バックライトがオフの場合は最長で5ヶ月しようできます。

Logicool Flowに対応

Logicool製品で使えるLogicool Flowにも対応しています。

詳しい説明はウェブサイトを御覧ください。

Logicool Flow - 複数デバイスのコントロールと簡単なファイル共有。
Logicool Optionsは多数の機能を提供し、ユーザーはマウス、キーボードおよびタッチパッドをカスタマイズし、生産性と創造性を高めることができます。

良かった点

  • 接続が安定している(私の環境では)
  • 70%キーボードなので机の上がすっきりできた。

ロジクール製品なので全てにおいて品質が高いです。今後はこれ1台で運用していこうと思います。

悪かった点

  • Macの場合、Controlキーが押しにくい
  • 前モデルより打鍵が少し柔らかい。

前モデルのMX KEYSのようにfor Macモデルがいずれでるかもしれませんが、やはりControlキーがいつもと違う位置にあるので打ちにくいです。ただし、キーの入れ替えを行えば平気そうです。

また打鍵感は個人的には前モデルMX KEYSの方が好みですが、これは慣れだと思います。

さいごに

仕事用にも買おうか検討中です。

リンク

ロジクールMX Keys Miniワイヤレス イルミネーション キーボード
MX Keys Miniを購入。ミニマリストのフォームファクター、球状にくぼんだバックライトキー、丈夫な構造、絵文字キーとディクテーションキー、スマートイルミネーションなどが特徴です

コメント

タイトルとURLをコピーしました